7/17・18 管路維持管理技術研修

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

なんだか雨が降ったりで梅雨に逆戻り?

凄く暑くて常夏??って感じですよねf^_^;

 

昨日、本日と埼玉県新座市にある水道管路調査機器のNo,1企業フジテコム株式会社様にお邪魔して管路維持管理技術研修にアビル社員と一緒に参加してきました。

3D3EFF13-E1DF-451D-BBAD-AA81D6E2174F

弊社の業務の一つとして配水管(道路内にある水道管のこと)の布設・補修といった仕事を南房総市・三芳水道企業団といった官庁より受注させていただいております。

 

現在、南房総市や三芳水道企業団関内では、不明水(おそらく漏水と思われるもの)が全体配水量のなんと約2割と大量にあります。

(これを減らすことが出来れば水道料金の値下げも可能かと・・・)

 

そこで、漏水調査をしよう!!  と官庁は当然の流れで考えました。

(ここ数年の間に実際に委託事業として発注されました)

 

しかしながら、現状管路における漏水の調査は外部への委託事業となっており莫大な費用がかかっているうえ、受託事業者のスキルによって成果がまちまちとという現況です。

 

そこで、地元の事は地元の企業で!!

 

ということで、弊社ももちろん加盟していますが、水道管工事業者の組合で事業受託し、不明水を減量しようという事になりました。

(日ごろから布設・補修を行っている我々が行えば、事前調査費用等を抑えることが出来、漏水箇所を発見することが出来れば補修工事を受注できるので、そもそもの調査作業費用も安価に対応できるため。)

 

そこで、今回の研修となりました。

(前置きが長くてすんません)

28BBB8C5-FDFA-4B17-BCF0-DAED89BB8C95 415B614A-2DC3-44E9-BE60-1015499FB350

*:実際に機械を使用して疑似漏水を発見する練習風景

 

まぁ、二日間 座学、実技と学びなんとか一通りの操作を覚え、疑似漏水ですが発見もできるようになりました。

5445AC4F-3DDD-4872-BC4B-23E1557B6969

 

そうそう、今回は公道上の漏水調査技術講習でしたが、民地内でも技術応用できるので、今後弊社単独でも民間対象に行えるよう検討してみる価値があるなと思いました。

 

安房住宅 川名展弘

HP http://www.awajyu.co.jp/

 

 

 

 

 

7/8 八ッ場ダム見学

ご無沙汰しておりますf^_^;

久しぶりのブログです(笑)

 

先日(7/8)の事ですが、数年前に時の政権の目玉の一つとして取り組まれた事業仕分けの対象として大きな注目を浴びた八ッ場ダムの計画地に見学に行ってきました。

image

 

※その当時建設中断の象徴としてTV等で取り上げられていた橋の現状です。

 

 

今回は、様々な方のご配慮により国交省の方にダム湖内となるため水没してしまう集落、その方々の為の代替地、代替地や近接地とのアクセスのために必要となる道路や鉄道やダム建設のための仮設建築物等の工事状況を見させていただきました。

image

 

※この橋脚の大半が水中に沈みます。

 

見ての一番初めの感想は、とにかくスケールがでかい(^o^)

そして、勝手な想像で現地は悲壮感が漂っちゃっているんだろうなって思っていましたが、確かに湖底となる集落には人の気配が少なく時間が止まっちゃっている感がありましたが、代替地に建っている住宅や事業所、道路や鉄道などを見てみると逆に凄くパワフルというか活気に溢れているよう感じました。

 

まぁ、実際には空白の数年間があったので多くの問題や悩みを抱えながら頑張っている人たちも大勢いるのかもしれませんが…

 

ムダなものを新たに作る必要は無いと思いますが、ケチになる必要も無いと思うし、一旦動き出したら、そこに住まう人たちの生活を中心に考え速やかに完遂すべきだなと改めて思いました。

 

そもそも、公共工事に対してよく費用対効果や採算性について意見される事があるかと思いますが、費用対効果や採算性の良いものは我々民間企業が経済活動として行えばよく、そこにあわないが公共の利益を得るものを公共工事として行えば良いと思います。

 

うーん、なんだか長くなってきて、なんだか余計な事書いちゃいそうなんで終わり( ´ ▽ ` )ノ笑

imageimage

 

※ダム建設のための仮設排水口とJRの新駅建設中現場です。