井田 雄一(いだ ゆういち)

ida4【所属・役職】 工事部
【名前】 井田 雄一(いだ ゆういち) 
【誕生日】 1980年3月29日
【星座】 牡羊座
【血液型】 B型
【出身】 千葉県館山市
【入社年月日】 2011年2月
【資格・特技】 2級建築施工管理技士、車両系建設機械(ショベルカーの免許)、サッカー

【趣味・休日の過ごし方】 日曜大工(簡単な家具をつくったり程度です)、試合があればサッカーの社会人チームに参加したり、家族と一緒に木更津のアウトレットに行ったりします。

 

 仕事内容を教えてください。

家をつくったり、直したりですね。(笑)
わかりやすくですか?どう言えばいいんだろう。平らな土地、更地ですね。家を基礎から作って建てていくってことです。
例えば、直すって意味であれば、壁紙が剥がれかかっていればそこを綺麗に新しい壁紙に張り替えるとかですね。

 

 この会社(業界)に入った理由はなんですか?

ida1高校3年生の夏休みに、俗に言う現場のアルバイトをしていたんです。
その時の基礎工事の現場が春休みになったら家が建ってて…基礎部分は見えなくなりますけど、月日が経ってそこを見ると
何もない所に家が建つ凄さを体感したんで…「建築って凄いな…」って、それがキッカケですね。
当時は進路も何も決まってなかったですが、それがキッカケで建築系の学校へ入りました。

安房住に2年前に入社したのです。前の会社が無くなっちゃって…。
工事部長と顔見知りだったんで…それで誘っていただいてですね。
最終的に、総務部長、工事部長とお話させていただいて決めました。元々、僕の中で安房住は設備屋さんのイメージだったんです。(笑)
でも、お二人の話を聞いていて、これから建築の部門をしっかりしていきたいと聞いたのが大きかったです。
こんなこと言うとおこがましいですが、自分が行って、少しでも建築部門が、会社自体が大きくなってくれればいいなぁ。と思いました。

 「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

さっきも言いましたけど、更地から、基礎が出来て、家が建つっていうのをやり遂げたときの達成感ですね。
やっぱり家を建てるって大変なんですよね。問題が一切なく、初めから終わりまでというわけにはいかないですから。
それが全てクリアされて完成した時に「やっぱり建築って面白いなぁ」って思いますね。
そうですね。やっぱり残るもの。好きですね。
後は、お客さんに完成した時に、「良いのを作ってもらえました」って言っていただければ、僕は嬉しいです。
 

 今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

ida2

お客さんとのコミュニケーションですね。
やっぱり十人十色っていうのはあって、お客さんが僕に伝えたいときに
お客さん目線っていうのが難しかったりするときも、たまにあります。
お客さんが何を要望しているのか?っていうのを聞き取るのはやっぱり大変です。
当たり前ですが、人によって当然違いますから、これからもずっと神経を使い続けることだと思いますね。
でも、それを乗り越えた時にしか味わえない達成感がいいですね。

 

 社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ということはなんですか?

ないなぁ(笑)
…サッカーかなぁ。社内で誰もやってないからですけど。
うーん、でも多分大山さんより僕の方が【子どもウケ】はいいと思います(笑)

 

 今後、仕事(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

そうですね。。。あくまで夢ってことなら、ビルを建てたいですね。
あの、東京とか車で走っていたら、色んなビルあるじゃないですか?
例えば工期として二年とか長いものですよね。実際やってる最中、嫌になることもあると思うんです。(笑)
でも、そんな大変な現場程、達成感は大きいのかなって想像してます。そうですね。達成感ですね。

プライベートでは…宝くじも買ってますね。(笑)
当たったら?何するだろう?とりあえずまずはマイホームですね。予算があれば「さすが建築屋」みたいな家を建てたいですね。
あとはのんびり旅行…かな?国内なら北海道、沖縄…海外ならアメリカ、オーストラリア…あ、世界遺産見てみたいですね!