明日、9月1日の誕生花は?

9月1日 浜梨(はまなし)

花言葉
美しい悲しみ

はまなしはまなし

バラ科の落葉小低木で、日本の北部の海岸砂地に自生。
紅色のバラに似た芳香ある美花を開いて、根皮は黄色染料に、花は矯味矯臭薬となります。
ナシのような実をつけて、浜に咲く植物という意味で、浜梨。
はまなすの名も親しまれています。
赤い実は熟すと甘く、ジャムにもなります。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月31日の誕生花は?

8月31日 サルビア(salvia)

花言葉
燃ゆる想い、知恵、家庭の徳、尊敬

サルビアサルビア

ブラジル原産のシソ科の観賞用一年草。
熱帯・温帯に分布し約700種あります。
日本の山地にもアキノタムラソウなど数種があります。
外国産の数種は香料・観賞用に栽培ラテン語で「救う」とか「治療する」という意味を表します。
香辛料のほか薬用として利用される「セージ」は、サルビアが転訛したものです。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月30日の誕生花は?

8月30日 蚊屋吊草(かやつりぐさ)

花言葉
伝統、歴史

かやつりぐさ

カヤツリグサ科の一年草で、よくある普通の雑草。
高さ約30センチメートルで、古代エジプトでは、この植物の茎からパピルスをつくったといいます。
紙だけでなく、種類によっては髪の香料にも用いられるということです。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月29日の誕生花は?

8月29日 鶏頭(けいとう)

花言葉
色あせぬ恋

けいとうけいとう

ヒユ科の一年草。
熱帯アジア原産で、中国を経て古く渡来しました。
花色は黄・橙・紅・赤など多く、高さは30~90センチメートル。
にわとりのトサカにそっくりなので、鶏頭と名づけられました。
花言葉は「色あせぬ恋」ですが、燃えるような深く濃い花色が情熱的だからでしょう。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月28日の誕生花は?

8月28日 桔梗(ききょう)

花言葉
変わらぬ愛

ききょう

キキョウ科の多年草で、夏秋の頃、茎の先端に青紫色または白色の美しい5裂の鐘形花を開きます。
山地・草原に自生し、秋の七草の一。
「万葉集」で山上憶良が詠んだ秋の七草のひとつです。
観賞花の印象が強いのですが、古くは薬用や食用として重宝されていました。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月27日の誕生花は?

8月27日 芙蓉(ふよう)

花言葉
繊細な美、富貴

ふよう

アオイ科の落葉低木で、東アジア暖地の原産。
九州・沖縄に自生しています。
樹皮は製紙に用います。
中国では、その美しさから水中のはすと地上のふようを対に見立てた「夫栄妻貴」という言葉もあるようです。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月26日の誕生花は?

アヤメ科の8月26日 天糸瓜(へちま)

花言葉
剽軽な

へちま

ウリ科の蔓性一年草で、熱帯アジアの原産。
茎は長く、巻鬚(まきひげ)で他物にからみつく。葉は掌状で3~7に浅裂。夏、5弁の黄花を開く。雌雄同株。果実は円柱状で若いうちは食用、完熟すると果肉内に強靱な繊維組織が網目状に生じ、これをさらして汗除け・垢すりなどに用いる。かつては唐瓜と呼ばれていました。
とうりの「と」は、いろは47文字の「へ」と「ち」の間にあるという洒落から、へちまになったということです。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月25日の誕生花は?

8月25日 檜扇(ひおうぎ)

花言葉
誠実

ひおうぎ

植物で、中国の原産です。
名前の由来は、平安時代の公家が用いたヒノキの扇に似ていたため、ひおうぎといいます。
真っ黒な種子をもつことから、古名の「ぬばたま」は「黒」の枕詞(まくらことば)でした。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月24日の誕生花は?

サボテン科クジャク8月24日 花魁草(おいらんそう)

花言葉
同意、温和

おいらんそう(宿根フロックス)

ハナシノブ科の観賞用の多年草で、正式の和名は草夾竹桃(くさきょうちくとう)。
でも華やかな花のイメージに合うのか、花魁(おいらん)の艶姿に見立てた花魁草の名のほうが広く親しまれているようです。
北アメリカ原産で明治年間に渡来。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/

 

明日、8月23日の誕生花は?

8月23日 月下美人(げっかびじん)

花言葉
はかない美

げっかびじん(月下美人)

サボテン類の一品種で、茎は平らで葉状。
夏の夜、純白大輪の美しく香りのよい花が咲き、4時間くらいでしぼみます。
美人薄命(びじんはくめい)とは、まさにこの花のことです。
芳香を放つ純白の花は、夕方から開きはじめ夜中に満開となりますが、朝にはしぼんでしまいます。

引用HP:http://hukumusume.com/366/hana/