サブリースについての記事を読みました。

先日、某新聞で
サブリースについての記事を読みました。
非常に興味深かったのでブログに挙げたいと思います。
 
サブリースは、
「マンション・アパート等賃貸物件をサブリース業者に一括で借り上げてもらい、
その業者が賃借人を探し入居してもらう契約」です。
業者は、オーナーに対し保証家賃を支払い
空室になっても、賃料滞納があっても、保証家賃は支払われると言うものです。
 
簡単に言うと、
契約期間が30年ならば30年間、業者側が一括して家賃等の保証をしてくれるので
オーナーは手数料を払う代わりに管理の手間や空室リスクがなくなり
かなりお得な様に思えます。
 
しかしながら
サブリース契約ではだいたい
賃料保障は最初の10年で、
それ以降は数年ごとに賃料見直しがある条項が
盛り込まれているはずです。
さらに建築費がローンでの支払いであった場合はどうなるでしょうか?
また、この契約は業者側からの一方的な解約も可能であり
結論として、サブリース契約締結については
オーナーにとってはリスクにつながる面があることを十分に理解し
慎重に検討しなければならない契約だと言えます。
 
とても勉強になった記事でしたので記載させていただきました。
甘い言葉には簡単にのらないよう、注意が必要ですね。
 
安房住宅設備機器㈲ 川名 庄一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA